BLOG

ブログ

成功しているフランチャイズ本部が実施している4Sスパイラルについて

これからフランチャイズ本部として店舗を拡大していきたいと思っている方は、成功しているフランチャイズ本部が何をしているのか気になりますよね。

失敗している本部と成功している本部の違いは、いろんな要素がありますが、成功している本部のほとんどは4Sスパイラルを実施しております。

なので今回、4Sスパイラルについて解説していきたいと思います。

是非最後までご覧いただき、参考にしてみてください。

4Sスパイラルとは?

4Sスパイラルとは、フランチャイズを展開するためには欠かせません。

4つのSから始まる英単語から成り立っています。

その英単語とは、SuccessStandardSystemSatisfactionとなりますが、日本語にすると、成功・標準化・システム化・満足度の意味です。

成功しているフランチャイズはこの4つのSを繰り返しているため、常に成長し続けることができているのです。

フランチャイズ事業を成功させ続けるためにも4Sスパイラルを繰り返していきましょう。

それぞれのSの意味がわかったところで、詳しく説明していきます。

Success(成功)

フランチャイズ加盟者は、フランチャイズ本部がした成功を参考に集まってきます。

そのため、フランチャイズ本部は加盟者にとって魅力のある成功をしていないといけません。

フランチャイズを展開していく場合には、まず成功事例を作ることが必須条件となります。

まずはご自身の店舗が繁盛していくことがフランチャイズ展開の第一歩です。

成功事例を積み重ねていくことで、成功できる精度が高まっていくこととなるでしょう。

自身の店舗を成功へ導き、加盟者へ成功体験やノウハウを与えることで、加盟店舗は成功を積み重ねていき、本部としての成功に繋がっていきます。

Standard(標準化)

フランチャイズを展開していき、たくさんの店舗を出店していても、それぞれの店舗で違う特色が出ていてはいけません。

全ての加盟店が本部と同じオペレーションを実施し、同じ企業イメージを維持していく必要があります。

お客様がどこの店舗を利用しても同じサービスを受けられなければ、フランチャイズとして展開している意味がないですよね。

なのでフランチャイズ本部は、成功して得たことをノウハウとして標準化していく必要があります。

本部の役割は、加盟店が目指すべき姿でなければいけません。

成功事例をマニュアルなどによって可視化させていくことで、加盟店オーナーは目指すべき姿が明確に見えてくるでしょう。

また、標準化することによって本部の軸がぶれることなく加盟店オーナーや、その従業員に指導していくことができます。

System(システム化)

標準化がされていても、スムーズに運用するためにはシステムが構築されていなければいけません。

加盟者が少なく、出店店舗も少ない場合ですと、本部のスタッフが滞在し、本部と同じように運営することができますが、店舗を拡大していくと、本部側のスタッフを何人も派遣することはできませんよね。

標準化したものを加盟店に浸透させ、サポートするためにシステムの構築が必要不可欠となります。

店舗の設計や内装のみならず、従業員への研修や情報システムについてもシステム化されてなくてはいけません。

このシステム化がうまくなされていなければ、店舗間でサービスへのクオリティに差が出てくるでしょう。

Satisfaction(満足度)

システム化された内容に沿って全店舗運営されることによって、消費者は違う店舗でも同じようなサービスを受けられます。

結果的にお客様の信頼を得ることができ、ブランドとしての更なる成長を見込めます。

ここでの満足度はお客様のみの満足度だけではありません。

お客様の満足度が高まり、売り上げが伸びることで従業員やフランチャイズオーナーの満足度にも繋がります。

ここまでのSuccess・Standard・Systemの段階は全てこのSatisfaction(満足度)を得るための段階と言えるでしょう。

成功の鍵はこの4つの繰り返し

この4Sスパイラルを回し続けていくと、本部以外の店舗でも成功事例が出てきます。

その成功事例を共有し、他店舗でも適用できるように標準化させ浸透させるためにシステム化していくことでさらに満足度をあげることができます。

この4Sスパイラルを繰り返していくことで、どんどん満足度が高まっていくでしょう。

フランチャイズ本部として成功するためには、成功、標準化、システム化、満足度のスパイラルを回し続けることが重要です。

最近では本部のみならず、加盟店同士のやり取りで生まれたアイデアを本部が汲み取り、汲み取ったアイデアを本部側で標準化し、システム化するケースも多くなってきています。

本部と加盟者が協力してより良い会社を作り上げているという意識にも繋がり、オーナーのモチベーションも保つことができるでしょう。

加盟者のモチベーションはフランチャイズ本部としての成功を収めるためには必要不可欠です。

加盟者のモチベーションを保つ方法は他にもありますので気になる方は下の記事をご覧ください。
⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎   ⬇︎

まとめ

今回ご紹介した4Sスパイラルを回し続けることがフランチャイズ本部としての成功の鍵です。

フランチャイズ加盟者を募り、店舗を出店する前にまずは自分の店舗が成功することを目指しましょう。

そして成功事例を標準化し、誰もが運用できるシステムを構築して初めてフランチャイズ本部として加盟者を募り店舗を拡大することができます。

この記事を書いた人

株式会社EVANESS代表取締役
株式会社GENESS代表取締役
フランチャイズ大学代表講師
衛藤 淳

1993年生まれ愛知県出身。高校卒業後、工場に就職。手取り12万5千円の仕事をする中でストレスと失恋をきっかけに、ジムに通い始め、トレーナーを志す。進学し、在学中に日本で初めて学生の身分でジムを開業。

2018年3月に起業。ジムをオープンし、10月に2店舗目を出店。2人のスタッフで緑区店が月商450万を達成。同年5月にFC募集開始。独自のスキームにより、月1万円の広告費でFC加盟が北海道から長崎まで、16店舗集まる。

 

フランチャイズ大学が動画でも楽しめます。
↓↓↓

もっと見たい方はこちら

  • 大きな資本、投資が必要ない
  • ノーリスクである
  • マネタイズができる
  • 店舗が増えればブランディングに

 

弊社が実際に使用しているフランチャイズ契約書の1部を15名限定無料プレゼント!
↓↓↓
無料プレゼントはこちらから

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。